電気工学界の先端ををゆく電気総合雑誌-電気評論-  Electrical Review
(株)電気評論社 

   お問い合わせ・ご要望
   会社概要  

電気評論がめざすもの

 資源に恵まれないわが国は、高度な知恵によって,特に持続的な科学技術革新によって、厳しい国際競争に立ち向かわなければなりません。現代科学技術の重要なコアの一つは言うまでもなく電気・電子・情報通信関係の技術であり、人類とグローバル社会の未来を支える重要な鍵を握っています。
 (株)電気評論社は長年に亘って月刊誌「電気評論」を刊行し、これら分野の基本的な情報をタイミングよく発信することに努めて参りました。そのことにいささかの自負と誇りを抱いております。
 ところで,小誌の企画・編集・刊行には学会誌、商業誌のいずれとも異なる多くの特長を有しております。たとえば,企画・編集の基本方針は電力関係分野の学識経験
者,電力会社ならびに各種メーカの幹部からなる企画委員会および編集委員会で決定されます。さらに委員会で設定される特集テーマは基盤的・伝統的な電力技術に加えて、再生可能エネルギー、材料、環境、安全、情報通信,バイオからエネルギー政策・経済を含む総合的なシステム分野まで幅広く取上げています。また,両委員会を通じて広く読者などからの意見・要望を反映しています。
      にった たんぞう
本誌社長 仁田旦三
東京大学名誉教授
 読者としては、主に電力会社、各種電機メーカにて中心的存在の技術者や研究開発担当者を想定していますが、記事の内容は一定の学術的水準を保ちながら,専門分野以外の読者にも分かりやすく親しみやすいものとなるように心がけているなど,将来を担うべき若手技術者や学生諸君にも興味を持たれるよう配慮しています。
 このように
目標を高く掲げておりますが,未だ十全に達成されていない面につきましては,関係者、読者諸賢のご叱正、ご協力を賜りながら、さらに内容の充実した「電気評論」の刊行を目指して参りますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

「電気評論」はどんな本?

 株式会社 電気評論社は、昭和42年8月に設立されて以来、全国の電力会社、電力関連企業、大学、電機メーカなどの支援を頂いて、全国誌としての電気総合雑誌「電気評論」の発行を行っています。電気評論社設立の趣意はこちら

(「電気評論」の発行回数など)
   ・月 刊 誌 : 1月号(特大号約300頁)、平月号(約80頁)、夏季増刊号(約80頁) 
             合わせて年間13冊発行
   ・本の大きさ : B5版

(販売方法など)
   ・直接販売並びに日版、トーハン、その他取次店経由によります。
   ・定期購読並びに予約購読を主体としています。(書店店頭販売はしていません)

(「電気評論」誌の位置づけ)
 1.電力技術に関するわが国の代表的技術雑誌であり、また、電力業界とのつながりの
   深い技術雑誌として他に類を見ない貴重な存在となっています。

 2.10電力、電源開発、日本原子力発電など広範囲に購読されています。
   また、大学、電力関連企業、電機メーカ、研究機関など全国で広く読まれており、
   まじめな高いレベルの雑誌として厚い信用を得ています。

 3.企画委員、編集委員として、各電力会社並びに主要電機メーカ技術陣のトップクラス
   の方々、主要大学の専門分野の先生方などに参画いただき、質の高い指導、意見を
   直接、頂いています。     

 4.電力技術を中心に、情報通信技術、環境技術、新素材などとともに,やがて中軸と
   なるであろう未来技術まで幅広い技術開発の発表、交流の場となり、技術の向上、
   発展に寄与しています。
     特に、昭和43年以来、毎年1月特大号・2月号で「電力技術革新のあゆみ」の
   特集を組み、全電力並びに関連研究機関等の毎年の技術開発成果をまとめて掲載
   していますが、既に40年以上の実績があり電力関係技術開発史として、また、技術
   開発情報の相互交流、啓発などに役立つとして、高い評価を頂いています。

 5.編集方針としては、掲載記事レベルにおいて、学会誌と一般商業誌の中間を目指し
   ています。学会誌と異なり、比較的若い技術者も論文の発表がしやすく、技術人材
   の育成に役立っています。

 6.大学の先生、研究機関の研究者の研究成果、先進技術の紹介の場としても貴重な
   存在となっており、引用文献として扱われる質の高い雑誌との評価を受けています。
   また,大学などの教員の参考になり,学生用の教材ともなり得る記事を掲載して
   います。


                      電気評論の編集方針

 1.通年の企画,編集方針は企画委員会にて半期毎に見直され,最新の技術動向,
   ならびに技術を取巻くエネルギー,環境,経済などの動向を誌面に的確に反映する
   よう図ります。

 2.企画委員会の結果を踏まえ,編集委員会にて具体的な特集テーマ,シリーズ企画,
   解説や,一般論文のテーマを審議し決定します。読者からの要望などはこれら両委
   員会の場で反映されることになっています。

 3.毎年,1月号は電力会社12社の,2月号は電力技術に関連する研究機関の,3月
   号はメーカの,それぞれ前年における特筆すべき技術開発成果の集約特集号として
   います。

 4.原子力技術,環境技術,労働安全技術の重要性に鑑み,毎年少なくとも1回,それ
   ぞれの特集号を企画します。

 5.水力発電,火力発電,再生可能エネルギー発電,送電,変電,配電,系統運用,
   各種電気利用技術および最先端技術など電力,エネルギーに係る分野を幅広く
   捉え,タイムリーな技術動向を読者に提供できるよう,毎月号の特集テーマを定め
   ております。

 6.平月号に加えて,臨時増刊号を6月末に発行します。このテーマは電力に関係する
   ICT技術を中心とした特集としています。

 7.毎号の特集は基本的に1つのテーマに絞り7~8編の論文より構成しますが,テー
   マの分野によっては1号あたり2テーマを選ぶことがあります。

 8.特集以外に,解説,技術講座,環境技術ノート,一般論文,海外文献をほぼ毎号
   連載しています。このテーマは前記各委員会にて審議されます。
    
 9.このほか,特別寄稿,読み物,海外レポート・ワールドナウなどを適宜,掲載します。

10.巻頭言は企画委員を中心に有識者から,随想は編集委員からご寄稿いただきます。

電気評論委員芳名はこちらから


トップページへ
  戻る


会社概要編集方針プライバシーポリシー
Copyright 2011 Electrical Review All Rights Reserved